メインイメージ画像

歌手のオーディションの履歴書の書き方

歌手のオーディションの書類審査に応募する際に、履歴書の提出を行うのが一般的です。履歴書はオーディション用のものが販売されているほか、サイトからダウンロードできたり、手書きではなくWEBに必要事項を入力し、応募することもできます。履歴書を書く際には、下記のことに注意しましょう。

・文字を丁寧に書く

歌手のオーディションで字のうまさなどが評価につながるわけではありませんが、あまりにも乱雑な文字や、何が書いてあるかわからない文字などは、あまり良い印象を与えません。できるだけていねいに、見やすく書くことを心がけましょう。WEBと郵送のどちらでも応募することができるオーディションの場合、自分の文字に自信がない人は、WEBでの応募をおすすめします。

・漏れや抜けがないかチェックする

履歴書に必要事項を全て書いたつもりでも、気づかない部分で抜けてしまっていることもあります。全て記入したら応募前にきちんと見直し、抜けている所がないか確認しましょう。また、漢字の間違いなどの誤字脱字にも注意しましょう。いきなり完璧に書こうとすると失敗しやすいため、一度下書きをしてから取り組むことをおすすめします。

・自己PRや志望動機などの欄はしっかり書く

審査員は書類審査で、「この人に会ってみたい」「この人の歌声を生で聞いてみたい」などと判断します。歌手のオーディションの場合はデモテープなどを一緒に送ることも多いですが、履歴書の中で自分をアピールすることも大切です。「なぜ歌手になりたいのか」「他の人にはない自分の強み」「どんな歌手になっていきたいのか」など、審査員に伝わるような自己PRや志望動機を書きましょう。

更新情報