メインイメージ画像

歌手のオーディションで自信を持つ方法

オーディションは、自分が歌手になれるかどうか評価・判断されるシビアな場です。もちろん、一度落ちたからといって歌手の夢をあきらめる必要はありませんが、あまりにも立て続けにオーディションに合格しない場合、歌そのもの以外に問題がある可能性もあります。歌手のオーディションに自信を持って臨むための対策としては、下記があります。

・歌に関するコンプレックスを気にしすぎない

歌手を目指す人のなかで、「声が低い」「独特のリズムの取り方になってしまう」など、自分の歌声や歌い方について悩んでいる人もいるでしょう。歌に支障が出るレベルのクセなどは直す必要がありますが、審査員から見ると、ただ歌が上手でそつなくこなす人に比べ。他にはない魅力に映る可能性もあります。事前の練習や準備をきちんとするのはもちろんですが、オーディションでは自分のコンプレックスを気にしすぎず、自分の実力を最大限発揮しましょう。

・外見や体調を整えて臨む

例えば風邪を引いて十分に声が出ていなかったり、自分の外見が好きではない、などです。声がしっかりと出なければ高レベルなパフォーマンスはできませんから、審査員の評価も低くなってしまいます。健康管理をしっかりとしてオーディションに臨むことは必須です。

また、せっかく歌手としての素質はあっても、自分のルックスやスタイルが気になり、自信を持つことができない人もいます。その場合、体型が気になっていたら運動やジム通いなどをして身体を引き締める、自分の顔立ちにコンプレックスがある場合には髪型やメイクを研究して変えてみるなど、自分を好きになり自信を持つことができるように、できる範囲で努力をしましょう。

更新情報